swallow-dale logo

[home] | [SWALLOW-DALE] | [my favorite things] | [平田信芳文庫] | [profile] | [mail]


スワロウデイル

 編集工房SWALLOW-DALEのアーカイヴ準備室です。ときどき更新します。

平田信芳文庫

 平田信芳(1930年9月15日 - 2014年2月15日)の思い出に、
「平田信芳文庫」を開設しました。(2014年10月28日)

 

SWALLOW-DALE

 不定期刊小冊子『SWALLOW-DALE』をPDFで公開していく予定です。おもに鹿児島についてのテキストになります。忘れられている、忘れ去られている話題を取り上げていく予定です。時代遅れというか、時代とずれた話が続く予定です。

【2017年12月14日】『SWALLOW-DALE 05』として『平田信芳選集II 石碑夜話』のPDFを公開しました。

 

my favorite things

 しばらく「20世紀書店」が続きます。ほかの世紀にもお邪魔します。

 

231. 1960年のマリイ・ロオランサン『夜たちの手帖』(2018年4月5日)

1960年のマリー・ローランサン『夜たちの手帖』

第194回で「1934年のポオル・ジェラルデイ著・西尾幹子訳『お前と私』(2016年12月19日)」という、秋朱之介(西谷操、1903~1997)が装幀した本を紹介しましたが、その本の翻訳者、西尾幹子のその後について、神戸の戸田勝久さんから、姓が「西尾」から「石邨(いしむら)」に変わって、「石邨幹子」として翻訳を続けていたことを教えていただきました。

視界がパッと開きました。

写真はアポロン社から1960年に出版されたマリイ・ロオランサン『夜たちの手帖』の箱とカバー付きの本。
翻訳者は、石邨幹子です。

西尾幹子訳『お前と私』(三笠書房)を装幀した秋朱之介はロオランサン崇拝者でしたが、その西尾幹子(石邨幹子)がロオランサンを翻訳していたことに心底、驚きました。