swallow-dale logo

[home] | [SWALLOW-DALE] | [my favorite things] | [平田信芳文庫] | [profile] | [mail]

SWALLOW-DALE

 不定期刊小冊子『SWALLOW-DALE』をPDFで公開していく予定です。おもに鹿児島についてのテキストになります。

01 『SWALLOW-DALE 01』(2012年9月)[pdf:2.9MB]

 とはいえ、初回は鹿児島の話ではありません。詩人木下杢太郎が1920年代のキューバである人物とすれ違ったお話です。テキストは縦書きです。
[2012/9/26「補遺」に図版を追加。]

 

02 『SWALLOW-DALE 02』(2012年10月)[pdf:6.1MB]

 どっぷり鹿児島の話です。東郷さんに庭を奪われた漱石さんの話です。多賀山の石碑「林岳記」の作者は何者かという謎を解く鍵となる新事実の発見もあります。テキストは縦書きです。
[2012/10/9 本文論旨に変更はありませんが、本文構成を変更。]
[2012/10/10 ダブったページを削除。]
[2012/10/16 「補遺3」として、島津貴澄(元直)と向井友章の詩で多賀山にかかわるものを選んで掲載。]
[2012/10/19 [補遺2]に田ノ浦の田山花袋の記述を追加。]
[2016/1/25 [補遺2]に加藤雄吉のこと、[補遺3]に市川鶴鳴のことを追記。]

 

03 『SWALLOW-DALE 03』(2016年2月)[pdf:2.9MB]

 『SWALLOW-DALE 03』として『平田信芳選集Ⅰ 鹿児島を知るために―古代編―』を公開しました。

 

04 『SWALLOW-DALE 04』(2016年12月)

 秋朱之介『書物游記』(1988年、書肆ひやね)の補遺になるようなかたちで、参考資料として、『書物游記』に収録されていない秋朱之介(西谷操)の詩や文章などを集めた『秋朱之介切貼帖』をつくってみました。秋朱之介(西谷操)の書誌を中心とした編年体の切貼帖です。
 私家版7部を作成しました。web非公開です。
 『秋朱之介切貼帖』は、2016年11月までの資料集めの経過報告ですので、その後に分かったことや新資料も含めた改訂版も準備中です。

『秋朱之介切貼帖』

秋朱之介(西谷操)については、本サイトの「 my favorite things」の次の回でも言及しています。

第233回 1936年の柳亮『巴里すうぶにいる』(2018年5月9日)
第231回 1960年のマリイ・ロオランサン『夜たちの手帖』(2018年4月5日)
第229回 1936年の堀口大學譯『マリイ・ロオランサン詩畫集』(2018年4月4日)
第228回 1936年の東郷青児『手袋』(2018年3月27日)
第227回 1990年の江間章子『タンポポの呪咀』(2018年3月16日)
第226回 1934年の山口青邨『花のある隨筆』(2018年2月12日)
第225回 1934年の水原秋櫻子『定型俳句陣』(2018年2月12日)
第224回 1934年の山口青邨『雜草園』(2018年2月12日)
第223回 1933年の富安風生『草の花』(2018年2月12日)
第222回 1943年の昭南書房版『かの子短歌全集 第一巻』(2018年1月28日)
第217回 1936年の伸展社版『醉ひどれ船』ちらし(2017年12月30日)
第210回 1925年の西谷操「狼は吠える」(2017年10月8日)
第208回 1935年の堀内敬三『ヂンタ以来(このかた)』(2017年8月29日)
第206回 1931年の佐藤春夫『魔女』(2017年7月25日)
第203回 1932年の池田圭『詩集技巧』(2017年4月27日)
第200回 千駄木の秋朱之介寓居から小日向の堀口大學の家まで(2017年3月16日)
第198回 1934年の『西山文雄遺稿集』(2017年1月31日)
第194回 1934年のポオル・ジェラルデイ著・西尾幹子訳『お前と私』(2016年12月19日)
第193回 1974年の富岡多恵子『壺中庵異聞』(2016年12月15日)
第192回 1995年の峯村幸造『孤拙優游』(2016年11月30日)
第189回 1975年の堀口九萬一著・堀口大學訳『長城詩抄』(2016年10月17日)
第188回 1936年の『木香通信』6月号(2016年9月26日)
第187回 1936年のモラエス『おヨネと小春』(2016年9月4日)
第6回 1933年の内田百間『百鬼園随筆』 (2012年10月11日)

 

05 『SWALLOW-DALE 05』(2017年12月)[pdf:43MB]

 『SWALLOW-DALE 05』として『平田信芳選集II 石碑夜話』を公開しました。
[2017/12/24 12月23日に再校正して目についた誤字・脱字を修正しました。]

 

06 『SWALLOW-DALE 06』(2018年3月)

2018小桜定徳旧蔵の高橋輝雄木版詩集

 2018年のはじめ、鹿児島の古書店で入手した、滋賀県の詩人・版画家の高橋輝雄(1913~2002)の木版詩集についてのレポート『小桜定徳旧蔵の高橋輝雄木版詩集』です。それらの詩集は、高橋輝雄の友人だった鹿児島市の小桜定徳氏(1923~1989)旧蔵のものでした。
 高橋輝雄は、一連の木版詩集のなかで、太平洋戦争中に南洋で戦死した友人、清水卓の残した詩を刻み続け、1981年には、『清水卓詩抄』も手作りしています。そのあとがきに次のようにあります。

☆卓氏(タクシと呼んでいた)の略歴を書こうと思ったが、考えてみると、殆んど何も知らないことに気がついた。生年月日も知らないし、生地も四国か九州かくわしいことを知らない。彼が戦死するまでの青春の数年間あれほどしげしげと往来したにもかかわらず、履歴書などは話のタネになったことが無い。戦争なども、同人誌も作れないのだからひどいもんだというだけであった。彼にとっては感覚だけがすべてだった。おどろくほど鋭い感覚で、ゴミ箱やガラクタの中から宝物を発掘した。このすぐれた鉱山師が手品のようにとり出す宝物を仲間たちは珍重した。

 清水卓については、生没年も出身地も分かっておりません。しかし、小桜定徳が書き残したエッセイなどから、宮崎に疎開した妹・清水ゆきがいて、清水ゆきは詩人として、太平洋戦争中には京都の文芸誌『岸壁』に、昭和20年代に宮崎の文芸誌『龍舌蘭』で、詩を発表していたことが分かりました。
  残念ながら、今のところ、1955年以降の消息は分かっていません。兄の友人が『清水卓詩抄』を刻んだことは知らないと思います。

 web非公開です。

 

07 『SWALLOW-DALE 07』(近日公開予定)

 忘れられている、忘れ去られている話題を取り上げていく予定です。時代遅れというか、時代とずれた話が続く予定です。

 

■ご意見や転載などについては、スワロウデイルまでご連絡ください。ダウンロード、転送、引用は原文を変更しないかぎり自由です。